バーバルプロセス

過去の思考監獄から脱却し、今を生きる
— バーバルプロセス —

■バーバルアクセスとは?

アクセスバーズは問いかけに始まり、問いかけに終わる。と言われています。
アクセスバーズは、身体に触れることでその人のいらない思考や観念、感情を解放するのに対し、
バーバルアクセスは、アクセスバーズの神髄ともいえる『クリアリングステイトメント』というツールを活用しながら
言葉の力で、その人の今を制限する過去から持ち合わせるトラウマや観念、感情を解放していくプロセスです。

たかが言葉、されど言葉。
言葉だけで制限が解放されるの?
と思われる方もいますが、アクセスバーズのクリアリングステイトメントは、思考を飛び越えて、ダイレクトにその人に制限をかけるものへ作用していきます。

アクセスバーズは、身体に触れる方が有名ですが、実はバーバルアクセスといった
問いかけやクリアリングステイトメントがメインのプロセスなんですよ♪

■セッションの流れ

●zoomを使用していきます。

開始5分前にわたしの方からログインページをお送りしますので、時間になりましたらそちらからお入りください。

※気付こうとすることが大切なので、自身の心と向き合える静かな環境や時間帯、状態を整えて頂くことを推奨します。

●お互いの顔が見えた状態で、軽く自己紹介を終えた後、
お客さまには、気を楽にしながらお話ししたいことを話して頂きます。

『今現在の悩み(将来、仕事、恋愛、生活、人生、プライベートetc)や思っていること。』

誰かに話をするだけでも、「離す」ことになるので、頭がすっきりします。
ただ、話をするだけでは取り除けないもの。

例えば、過去のトラウマ、クセ、しがらみ、固定概念。
これらがまとわりついている限り、何かをチャレンジしたり、変化させていこうとする時に必ずネックになってきます。

そんな自分では取り除けないものを、アクセスバーズのクリアリングツールを活用しながら
クリアリングしていくことで、何に悩んでいたのか根本原因に気付いたり、いらない思考で絡まっていた所をほぐしたりしていきます。

・ネガティブなことばかり考えてしまう
・自分には無理だとあきらめてしまう
・人と比較して自分を卑下するクセがある
・本当はこうしたい。という想いがありながらも、思考が邪魔をする
・お金、仕事、恋愛、様々なことでブロックしていることがあると自分で感じている。


など、今自分を制限していることや、悩んでいることに対して
それって本当?何を求めている?本当は何を切望している?など問いかけをしていきます。
その中で気づきが生まれたところで、コアとなるブロックを見つけたらその場で破壊してクリアリングをしていく対話セッションです。

40分のセッションの中で、可能な限り不要物を浮上させていきますので、
お話しされるジャンルは問いません。また、時間内であれば、いくつお伝え頂いても結構です。

~プロセスをオススメしないお客さま~
・どんなことに対しても、他人や他のせいにする方
・過去の栄光をずっと語っていたい方
・変えたいと口では言いながらも、変わる気がない方、気付こうとしない方
・目に見えるものだけを信じている方
・話を聞いて欲しいだけで、受け取ることをしない方

上記の方は、受けてもあまり意味がないと思いますので、プロでやられているカウンセラーさんなどにお話しを聞いて頂いた方が良いです。

わたしが行っていくのは、カウンセリングではなく、その人の根本的な制限を見つけ出し、破壊して
これからの人生を前向きに、楽しく、自分らしく生きられるような気づきを与えることです。

逆に、

・いつも自分のせいだと思ってしまう
・変わりたいという気持ちはすごくある。けれど、過去の経験から踏み出すのが怖い
・周りの意見に影響されて、自分の意見がなかなか言えずに溜め込みがち。
・占いやスピリチュアルなものに偏見はない
・直感的に行動することが多い

という方は、きっと気づくことができるでしょう。
そして、自分がどういう人生を歩んでいきたいのかも見えるきっかけになっていきます。

体験中は、体感として何か(身体がしびれる・心が温かくなる・涙が出るなど)を感じる方もいますし、何も感じない方もいます。
これはアクセスバーズと同じです。

感じていた方が効果がある、ないは関係ありません。
すべて潜在意識での変化が起きているので、その点はご心配いりません。

240年間続いた地の時代から、風の時代への移行。
コロナが蔓延したのもひとつの時代の変化によるものです。
これからの新しい時代を、楽しく軽やかに自分の人生を生きるためのひとつのきっかけになれたら嬉しいです。

いつでもご連絡お待ちしております☆

※こちらで使っていくクリアリングツールは、アクセスバーズ講座で学ぶことが出来ます。
今回は、セッションとしてわたしが行っていきます。

Scroll to top